龍神村商工会ホームへもどる

            龍神温泉・龍神村が舞台となった絵本「ねずてん」

                        
  
                  「となりのトトロ」の美術監督、男鹿和雄さんが描く
                  初めての絵本「ねずてん」
定価2,940円(内消費税140円)

                    アインズ株式会社様(出版元)ページからご覧いただけます。

                 ねずてん紹介 あらすじなど        

                
 ねずてんギャラリー
 昔懐かしい龍神村の風景が出てきます。


          
   「ねずてん」の舞台をたずねる旅をしてみませんか?
      ねずてんに描かれているようなノスタルジックな風景や清流がこの龍神村にはまだまだ残されています。
           
  <ねずてんルート>
  
  南部駅----(バス)----龍神温泉----小森谷渓谷---お万が淵---夕暮れの護摩壇山

    

「となりのトトロ」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」など誰もが知っている名作ジブリアニメーションを美術監督として支えた男鹿和雄さんが、アニメーションというフィールドを越えて絵本に初挑戦しました。
舞台となる龍神温泉を綿密に取材し、再現された繊細で美しい風景画は絵本というよりも我執というに相応しい出来上がりです。
山本素石さんの軽妙な語り口で淡々と綴られる物語との絶妙なバランスも見所のひとつです。
戦後復興期の日本、山深い渓谷を舞台に展開する、人間と狐狸との化かし合い。ねずてんを餌にまんまと大物アマゴをせしめることができるのでしょうか。
 
 ぜひ一度手にとってご覧ください。ぜひ舞台となった龍神温泉・龍神村に癒されに来てくださいな・・・
 

          

男鹿 和雄(おが かずお)
アニメーション美術・挿画家
1952年 秋田県生まれ
美術監督として「となりのトトロ」、「おもひでぽろぽろ」、「平成狸合戦ぽんぽこ」等数多くのアニメーション作品に携わる。近年は「千と千尋の神隠し」「猫の恩返し」「ハウルの動く城」に背景として参加。また、女優吉永小百合さんのCD・誌画集「第二楽章」の挿画も手がける。

山本 素石(やまもと そせき)
原作・随筆家
1919年 滋賀県甲南町生まれ
「山釣り」、「釣山河」、「ねずてん物語序説」など釣りや自然を舞台にした随筆を数多く手がける。70年代のツチノコブームの火付け役でもあった。1988年没