勝利のうた
人生という 野球では
集中力は シングルヒットだ
知性が セカンドへ進めてくれる
サードへ行くのは 決断力だ
だが ホームへ戻ってくるには
努力が必要だ

  "Song of Victory"
Life, if it were a baseball game
Concentration would make a one-base hit
Intelligence would move you on to second base
Decisiveness would make you to third base
But efforts would what is required
to come back to home base.
この「勝利のうた」は、人生を野球にたとえてアメリカで激励のメッセージとして伝えられているものです。
英語の原文を日本語にアレンジして、色紙に謹製致しました。

私ども和歌山県九度山町は弘法大師空海開山の高野山の麓に位置し、古くから高野山参詣の入り口にあたる町です。また必勝祈願の寺として信仰を集める「万年山勝利寺」がございます。

さらに戦国の武将真田幸村・大助父子が豊臣家の要請で「大坂の陣」へ出発した地であり、この幸村や十勇士の活躍は歴史小説として愛読されています。
猿飛佐助や霧隠才蔵など、創作の人物が幸村と共に活躍する真田十勇士物語の舞台のひとつが九度山です。

九度山には真田一族が隠れ住んだ「真田庵」があり幸村は地主権現、知恵の神様として信仰を集めています。
幸村・大助の命日5月に九度山で没した幸村の父、昌幸とともに真田父子を偲んで真田祭を毎年5月に開催しております。

六文銭は真田家の旗印です。徳川家にわずかの手勢で戦い挑んだ幸村は智恵と戦略者であり戦国のヒーローの一人として語り伝えられています。
六文銭は知恵と絆の象徴であり真田十勇士の活躍はチームワーク・チームプレイの精神があふれています。
知恵とチームプレイ。
これは野球に通ずるものです。

また九度山では町を流れる丹生川(にゅうかわ)に毎年4月10日から5月10日まで端午の節句の時期に約150匹の鯉のぼりの川渡しを行っています。

鯉のぼりはご存じのように子供の健やかな成長をねがう親心にあふれた心のやさしい日本の行事です。毎年鯉のぼりの川渡しをつうじて親心のメッセージを伝えています。この親心のメッセージを「勝利のうた」に託しております。

★★★ 「勝利のうた」色紙の販売 ★★★
一枚1,500円(税込)(送料実費をご負担願います)
〔 縦 27.3cm ・ 横 24.3cm 〕
メール又はFAX等にて住所、氏名、電話番号、希望枚数を記入の上、
九度山町商工会までお申込み下さい。
尚、メールの場合、件名に「勝利のうた色紙希望」と明記願います。
(お支払い方法と送料は、返信メール(FAX等)にてご案内させて頂きます)


*勝利のうたに関するお問い合わせは

お手数ですが送信者の氏名・住所・電話番号を必ずご記入ください。