印南町商工会

TOP < 地域情報
 
印南町の特産品
 町の概要
和歌山県沿岸のほぼ中央部に位置し、町土の約74%が森林です。
温暖な海岸部の農業は国道42号沿いにハウス棟が立ち並び、キヌサヤエンドウは日本一
また山間部での冷涼な気候を生かした千両栽培は関西一(全国2位)の生産量を誇っています。
また真妻わさびの原産地であり、かつお節発祥の地でもあります。
観光では熊野古道の要衝といわれ、五体王子と呼ばれる切部王子跡等、歴史的・文化的遺産などが
今日に受け継がれています。
印南町役場ホームページへ
 
 町のシンボル
町の花・・・・千両 ひそやかに咲く白い花、生き生きとした緑に映える真紅の実、縁起のよい特産物です。
町の木・・・・ 木の国和歌山県の代表的な木であり、山間部の多い印南町の景観を引き立てています。
町の魚・・・・勇紀 旬は初夏。脂がのってたいへんおいしい魚です。※年中釣れます。
 
 ● 千両 千両
栽培は昭和24年小原地区(真妻)の一農家が大阪の市場
で茨城県波崎産の種子を譲り受けたことに始まる。
昭和40年「真妻花き園芸組合」が設立され、先進地視察や
研修会等を開催し、山間地の有利品目として栽培を推進し、
産地化に拍車をかけた。昭和57年度から「活力ある山村
づくり推進事業」により産地化が促進された。
現在(H.14)の栽培面積は14haとなっており、関西一の
産地である。

 ● イサキ(勇紀) イサキ
印南町を代表する魚で印南町の魚として認定しています。
年間を通じて釣れる魚で、産卵期は5月中旬から6月下旬
であり、この時期のイサキは「ムギワライサキ」とも呼ばれ、
好まれていますが、四季を通じて大変おいしい魚です。

 ● カツオ カツオ
春から夏にかけて北上するカツオを「のぼりガツオ」といい、
秋から冬に南下するカツオを「戻りガツオ」といいます。
印定寺には約300年前、かつお節を考案した 角屋甚太郎
の位牌がまつられています。
すじガツオ、スマガツオ、ソーダガツオなどの種類があり、
刺身、タタキ、焼き物、鰹節など料理に応じて旨みが味わえ
ます。

 ● ワサビ ワサビ
真妻地区でわさびづくりが始まったのは1888年(明治21年)
奈良県十津川村から導入して川又でわさび栽培を始めた
とあります。それ以前からわさびが作られていたという説
もありますが、定かではありません。
いずれにしても、100年以上の歴史を持つ真妻わさびは
昭和30年代に静岡県の伊豆地方などに広がり,、この
『まづま』 種が高品質の最高のわさびとして、料亭で
重宝がられています。
 
 地域情報
 
10月2日
 【宇杉八幡神社】 印南 (光川・本郷・宇杉) ・ 山口 (東山口)
 【山口八幡神社】 印南 (地方・浜)・ 津井 ・ 山口 (西山口) ・ 御坊市名田町
 
 日高地方のトップをきって印南祭りが行われます。 幡、御傘、御輿、太鼓屋台の川御渡りが有名です。
 他にも雑賀踊りや重箱獅子などが奉納されます。
 
10月第2土曜日
 【松原真妻神社】 美里 (脇ノ谷・見影) ・ 松原 ・ 丹生 ・ 崎ノ原 ・ 皆瀬川 ・ 小原の一部 ・ 西神ノ川
 
10月第2日曜日
 【須佐神社】 南谷 ・ 立石 ・ 明神川 ・ 御坊市塩屋町
 【大歳神社】 印南原
 
体育の日の前日(日曜日)
 【古井ー上神社】 古井
 【古屋八幡神社】 羽六 ・ 古屋 ・ 宮ノ前
 【川又真妻神社】 川又 ・ 上洞
 
体育の日
 【樮川真妻神社】 樮川
 
10月第3日曜日
 【切目王子神社】 西ノ地
 【中山王子神社】 島田
 【田ノ垣内真妻神社】 田ノ垣内 ・ 高串 ・ 小原