広川町と金屋町の境界近くに源をもつ広川。
真夏でもひんやりとした空気が心地よい源流からこんこんとわき出る清らかな水は、一路川下に向かって流れていく木立の中を抜け、山里に達した川は、田畑に潤いを、人々にやすらぎを与え、やがて美しい海岸線をもつ海へとたどり着く。
ふるさとの水と語らいながら、広川のまちを歩いてみたい。