「新 広 会」41年の歩み

青年部メンバー

平成17年4月

年  度

歴代会長

主たる事業経過

関係団体との協調内容

昭和36年 名称として五月会、新広会の2案出る  
37年 全国優秀商品見本市(耐久中に於いて) 町、商工会後援
38年

(世話人)

39年

田 中 良 典
40年

(36年から42年)

41年
42年 新広会会訓出来る(石原教育長直筆)
新広会主体で勝田氏町議立候補
43年

池 永 嘉 和
広川町全域買い物調査実施 商工会青年部設立 (新広会会員 勝田稔 氏部長就任)
44年

池 永 嘉 和
45年

岩 崎 好 宏

池 永 嘉 和
46年

江 川 照 幸
第1回町民マラソン大会(創設) (広公民館前スタート) 新広会結成10周年記念事業 (広川町紹介フイルム作成) 商工会に事務局を置く
10周年記念事業へ商工会 より助成
47年

江 川 照 幸
48年

東   征  治
マラソン大会スタート耐久中グランド に変更
49年

森 井 勝 彦
広港湾埋立計画に伴い、神奈川県三浦
ヨットハーバー視察(町助成受ける)
広港湾埋立計画について
平井町長と懇談
50年

萩 平 育 宏
姉妹町 長崎県奈良尾町を親善訪問
(漁協婦人部と懇談)
第1回町民ソフトボール大会(創設)
51年

林   安  夫
徳島県大内町商工会視察
(軍手、皮手袋の産地)
有田郡経済団体連絡協議会 結成される
52年

戸 石 武 彦
53年

亀 本 貴 司
54年

渡 部 健一郎
55年

奥   武  行
商工会館第二会議室へ机、椅子寄贈 (489,000円) 商工会館竣工
56年

寺  村   功
新広会創立20周年記念事業 (新制作座文化センター「泥かぶら」公演) 20周年記念事業へ商工会より助成
57年

田  広   徴
ミス広川人気コンテスト(商工祭協賛) 新広会、商工会青年部共催 商工祭を行う
58年

寺  村   功
59年

古 瀬 定 男
ユニチカバレーボールチーム招聘
60年

堀   義  昭
OBとの親睦会
61年

松  林   実
62年

上  田   紳
63年

坂  野   清
商工祭中止(天皇陛下病気)
平成  1年

丹 台 一 郎
ふるさとクイズ大会(広川町ふるさと まつり協賛)
OB田広氏の講演
事業年度を変更、丹台会長マラソン2回実施 
校長会との 話し合い(マラソンについて)
2年

西 川 幸 三
潟jットーボー和歌山工場長講演会 「商工祭」青年部主催で行う
3年

長 瀬 博 文
外江先生講師「広川町の歴史」
4年

林   哲  夫
OBとの親睦会
OB渡部氏講演「新広会31年の歩み」
5年

山 口 真 司
町長石原久男氏を囲んでの懇談会
6年

楠 本 洋 之
第20回町民ソフトボール大会記念大会
第25回町民マラソン大会記念大会
3分間スピーチ(会員全員「自分の仕事について」)
7年

谷 口 忠 則
垣内貞先生講師「吉宗と養源寺」
商工会へスリッパ寄付(50組)
町民ソフトボール大会2週連続雨天のため中止
8年

岡 崎 幸 範
ディスカッション「21世紀の広川町を考える」報告書作成、町へ提出
9年

垣 端 達 也
10年

林   且  行
竹中正氏講演「熊野古道について」
11年

池 永 和 浩
第30回町民マラソン大会記念大会、マラソンコースを変更
12年

林   雅  和

商工会青年部長と兼任  
13年

西 出 國 男

町民ソフトボール大会から第1回町民ソフトバレーボール大会に変更、広川町民体育館で開催  
14年

寺 村  旭

    
15年

嶋  一 司

   
16年

木下 利也

   
17年

植山 芳光