醤油発祥の地

紀州湯浅の伝統と技術を受けつぎ、昔ながらの製法と最高級の原料でつくられた湯浅しょうゆ。

手作りの伝統に支えられた天然のの風味、故里の香りを秘めた湯浅醤油をご賞味下さい。


鎌倉時代、紀伊由良の興国寺を改竄した心地覚心という僧(法灯国師)は、中国の経山寺に留学し、湯浅に金山寺みその作り方を伝えました。
後に味噌製造の時、味噌の槽底にたまった液が煮物にあることを知り、工夫を重ねて1288年(正応1年)に世に出しました。これが湯浅醤油の始まりだと言われています。


大量生産では醸せぬ天然の風味、豊かな香り、琥珀の色つや・・・。
内地産の丸大豆、小麦を原料とし、添加物は一切使用していません。



国道42号線沿い湯浅町、印南町に2店舗出店しています。

是非お立ち寄り下さい。

久保田醤油醸造場

〒643−0071
和歌山県有田郡広川町広568−4
本  店  0737-63-3215
国道店   0737-62-3424