乙田の獅子舞
人々のさまざまな想いと祈りが交錯する行事・祭り。
広川町で毎年十月一日に行われる「広八幡神社秋祭り」は、規模の大きい祭として知られています。
祭では「乙田の獅子舞」と「田楽」が奉納されています。
田楽は農村での雨ごいの儀式として行われていたもので、田植えから収穫までの光景を踊りで表現するものです。
この他にも、十一月には浜口梧陵の遺徳をしのぶ「津浪まつり」や商工祭、文化祭などを統合した「ふるさとまつり」が開かれます。

祭り本番を迎える神事団の一行。

桃から生まれた桃太郎?

 

しっぱら踊り

乙田の獅子舞

県指定無形文化財・国の選択芸能

県指定無形文化財