日蓮宗大黒天で知られている。足利時代には、広城主、畠山氏の邸宅であり、
江戸初期には紀伊藩主徳川南龍院御殿でもあった。