永享八年(1436年)明秀上人により建立。慶応二年の火災で焼失後
再建したものが現在に至っている。
鐘楼は室町時代の唐様式の建物で、国の重要文化財に指定され
他に類例がない珍しいものである。