ゆかりの文化が静かに往事を語りかけてくる

広八幡神社は、広・南広地区の鎮守の神とにて建立されました。
創建については、欽明天皇が開いたという説や、紳功皇居がこの地にしばらくとどまった地であるためという説があります。