さまざまな産品が息づく広川町の物産品。

へぇ、これはここでつくられていたのかぁ。

そう、きっとあなたは発見することでしょう。

良い品々との出会いを。 



千両

広川ダムの周辺で栽培され、山間部の寒暖のある気候を活かして色鮮やかな千両が生産されています。



温州みかん

初夏に収穫されるハウスみかんや秋に収穫される温州みかんは、「有田みかん」のブランドで主に京阪神や関東方面へ出荷販売されています。



黄色の薔薇

海岸部の冬季温暖な気候を利用して、主に「ローテローゼ」というバラが温室栽培されています。





万年青(おもと)

全国でも有数の生産地で、正月用の生け花として「都の城」という品種の万年青が栽培されています。また、観葉植物用として鉢物も出荷されています。



      ぶどう
     (ブラックオリンピア)
糖度が平均約18度(甘いみかんで平均約12度)という大変甘いブドウです。ただ甘いだけでなく、ブドウ独自の風味が豊かで大変おいしいブドウです。
     稲むらの塩

自然豊かな西広海岸沖の海水を汲み上げ、釜で炊きあげた手作りの塩です