全国を行脚した漂泊の念仏行者。日高ゆかりの徳本上人を偲ぶ。
江戸時代、ただひたすら「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることで、人々を救った徳本上人。
江戸時代、全国各地を行脚した「木食僧」の1人で、生涯を民衆の中に生きた念仏行者として知られます。

徳本上人座像

京の仏師、西田立慶が彫ったもので、享和初期(1800年代初め)の作といわれます。
 かねてより徳本上人を敬服していた立慶は、箕面の勝尾寺で上人の姿を目にするや、たちまちその尊厳さに打たれ、御姿を後世に残したいと上人に直接願い出たといわれます。こうして、毎日念仏の苦修を続ける上人の姿を目に焼き付けた後、ただちに京都に舞い戻り、寝食を忘れて一気に彫り上げたものがこの像といわれます。
  誕生院 

 
開山者として、徳本上人を祀る浄土宗の寺院。文政7年(1824)の開基で、上人の誕生地にあることから、紀州藩主・徳川治宝の許可を得て、後に誕生院と称するようになりました。本堂は嘉永4年(1851)、徳川治宝の命により建立されたものです。

江戸時代の念仏大行者
徳本上人は、宝暦8年6月22日
この地で生まれた。

遺蹟は県指定史跡

TOPページへ