日高町 特産品

黒 竹

質・量ともに全国一 黒竹

  黒竹は漢名を「紫竹」といい、ハチクと同じ系統の竹で、茎は初め緑色をなし、2〜3年を経て成長すると黒茶色になる背の高さ3〜5m、直径1〜5cmぐ らいの竹。

 その表皮の光沢は美しく「那智黒」とも呼ばれ、形態が特に優雅なところから、建築造園材、家庭用品材、各種工芸用品として幅広く利用されています。
 黒竹細工

   黒竹に付加価値をつけ、
 二次加工用品として販売し、町の活性化に
 つなげようという動きも活発です。

   花筒、壁かけ、置物、竹人形などが
 人気を呼んでいます。



TOPページへ